エクステリアから設計するメリット

完成するまでのメリット

家の外構部分であるエクステリアは、注文住宅を建てる際にはハウスメーカーに家の設計とともに依頼するか、ハウスメーカーとは別の専門業者に依頼する方法があります。それぞれにメリットはありますが、ハウスメーカーに注文住宅とともに依頼した場合のメリットとして、完成までの間の手間や費用の削減を図ることができるということがあげられます。ハウスメーカーに依頼した場合、住宅の注文と同時にエクステリアの注文も行うことになり、それぞれの依頼を別々にする必要はありません。住宅を作り上げるまでにかかる打ち合わせの手間を大きく省くことができて、メリットです。ハウスメーカーが建築の際に周囲の住宅への挨拶も行ってくれるので、そちらの手間も省くことが可能です。 また、注文住宅と同時にエクステリアまで設計すると、費用を抑えることができ、お得に工事することが可能なこともあります。エクステリアの工事と注文住宅の工事が同時に行われると、ハウスメーカー経由で外構工事を依頼することとなり、住宅ローンを使って工事することができます。後から別のローンを組んで外構工事をしてしまうと、住宅ローンよりも金利が高くなってしまう恐れもあり、これを防ぐことができます。

完成度と完成後のメリット

注文住宅の際にエクステリアの設計もすることは、完成後にも様々なメリットがあります。完成度が高いというメリットのほか、すぐに快適に暮らすことができること、そしてアフターサービスを期待することができるというメリットがあげられます。エクステリアの設計を先に行うと、家とエクステリアとのデザインに統一感を持たせることが可能です。エクステリアは、家の印象を大きく左右するもので、様々なパーツから成り立ちますが、先に設計することで違和感ないデザインを実現することができます。また、エクステリアを早めに設計しておけば、住宅の工事と同時にエクステリアの工事も行われ、家の工事が終わった後そのまま快適に生活を始めることが可能です。 家が完成した後にエクステリアの工事をはじめると、見た目があまり良くない未完成の家で、工事の音がする中生活しなければなりません。このほか、アフターサービスを期待することができるというメリットもあります。ハウスメーカーでエクステリアの工事も同時に行うと、注文住宅だけではなくエクステリアも保証に入っていることが多いです。エクステリアに何らかの欠陥があった場合、期間内ならば修理してくれるでしょう。ハウスメーカーの保証は手厚いものが多いので、メリットとなります。

一戸建ての生活は、自分たちだけの庭でガーデニングを楽しめたり、ペットを飼うのも自由など、制限されることが少ないため、のびのび暮らすことができます。