インテリアから設計するデメリット

注文から建築までのデメリット

注文住宅では、あらかじめ家の中に設置するインテリアや家具も合わせて設計することが可能です。造り付け家具ともいわれており、家と同様にしてインテリアも思う通りに作ることができるため、多くの人々に人気がありますが、デメリットもあるのであらかじめ留意しておかなければ後悔することになります。インテリアから設計した場合、注文してから建築するまでのデメリットは、費用が大きくかかる場合があるということと、細かな設計をすることが難しいということがデメリットです。すべての造り付け家具やインテリアが高くなるというわけではありありませんが、設計やデザイン、素材によって非常に高くなります。

既製品でないことに加え、普段メーカーで使うことのない素材を使い、凝ったデザインのインテリアを複数作成すると、費用が掛かります。特にツーバイフォーのハウスメーカーの場合、造り付け家具が得意ではないので高価になる可能性が高いです。また、造り付けの家具・インテリアは家が実際にできていない段階から、細かなデザインや寸法の設計をしなければなりません。実物の部屋が目の前にない段階からインテリアの構想を練っていくことは素人には難しいことです。こだわりを持って作ってみたとしても、実際にできてみるとイメージと違っていたということもないとは言えません。

完成してからのデメリット

注文住宅でインテリアや家具も含めて設計すると、完成までの間にデメリットもありますが、完成してからのデメリットももちろんあります。完成してからのデメリットとしては、家具やインテリアの設計によっては移動することが難しいことと生活の状況によっては使いにくい家具となること、そして模様替えが難しいということです。注文住宅の際に造り付け家具・インテリアを作成する場合、建物や部屋のサイズや収納するものに合わせて寸法を決めていきます。場合によっては家具を天井や壁に固定してしまうこともあります。そのため、注文住宅でインテリアまで作成した場合、家具・インテリアそのものを移動させることが難しく、移動できたとしても部屋から出すことができないなどといった事態になりかねません。

また、造り付けの家具は作成の費用を低くしようとして、棚の幅や仕切りを固定されたデザインとすることもあり、自由度が減ることによって将来的に使い勝手が悪い家具となることもあり、デメリットです。このほか、元の部屋の雰囲気に合わせて設計し、家具やインテリアを壁や床に固定していると、模様替えが難しくなります。模様替えができたとしても、限られた範囲でしかできません。

分譲住宅とは、住宅メーカーなどがまとまった土地を買い取っていくつもの住宅を作ってから分割譲渡して販売した住宅です。インフラが整っていることが特徴です。